クイルボディパラシュート?パラダン?その効果は!?

先日の釣行で「半沈みの方がアピール度が高く、かつフッキングしやすい」「パラシュートなら浮力も高い」「ブラウン系のメイフライパターンが欲しい」という閃きがあったので全てをひっくるめたパターンを巻いてみました。

その実力は?

早速巻いたフライを持って釣りしてきました。

パラシュートにすることで浮力を、と思いましたがボディに使用したグースバイオットに浮力が無いのであまり高浮力とはいきませんでした。。。

それでも視認性はよく、一応メイフライイミテーションにはなっているようで、すぐにバイトが得られました。

小さいですが自作フライに出てくれる喜びはひとしおです。

その後も同パターンで1匹追加しましたが、雪代の濁りが入ってしまったので納竿となりました。

フライパターン

テイルがないのでダンパターンとは言えない?のですが、メイフライを意識しているので一応パラダン?
グースバイオットをボディに使っているのでクイルボディとも言える?
むしろブラウンパラシュートでもいい?
という感じで適当なフライですが自分で考えて巻くのは楽しいですね笑

もっとシビアな状況ならボディやテイルの素材などで釣果が変わるかもしれませんが今のところ適当で不自由していないです。

まとめ

視認性は完璧ですが浮力は思ったほど。。。

ハックルをもう少し厚く巻くか、ストレートフックに巻けば良いのかもしれません。

そうなるとただのクイルボディパラシュートになります。
フライタイイングでは色々考えているうちに有名パターンになっていることが多々あります。
それがまた楽しい、と思う今日この頃です笑