フライフィッシングでのリーダー選択の備忘録(2020年5月初旬時点)

スポンサーリンク
フライフィッシング

最近思っているリーダーについての考えをまとめます。
後で見返すための完全な備忘録です。

スポンサーリンク

太さ

「渓流では4X~6Xが基本」らしいので5Xを選択していましたがこちらの「渓流」というのは本流から源流まで全てを引っくるめた言い方なのかな、と思っています。
というのも5X, 6Xで尺近い魚とやりとりしても全く不自由なく、4Xでは太いような気がしています。
大型のニジマスも視野に入れるのであれば4Xも選択肢に含まれると思いますが源流域で20~30くらいまでの渓魚をターゲットにするのであれば5X~7Xで良いのかな、と。。。(不意に40近いイワナが掛かったら考えが変わるかもしれませんが笑)

最近の変遷

ここ最近頻繁にリーダーの長さ、太さ、メーカーを変えて色々試しました。
最初はVARIVASのスタンダード9ft5X。

特に不自由なく釣り出来ていましたが、ロングリーダー、ティペットの動画を見たので試しにMaxcatchの12ft5Xを使ってみました。(安いので笑)

流心を挟んだ状態のアップクロスで巻き返しに留めておけるロングリーダーの強さを少し体感出来ましたが完全にターンオーバーさせることが出来ず、リーダーとティペットが力なく途中でフラフラと水面に落ちてしまいます。。。

この辺りについてはティペットをターンオーバーさせずに落とすというロングリーダーの使い方もあるので悪く無いとは思うのですが、コントロール出来ていないのが問題でした。。。
また、ターンオーバーしたい時にさせられるくらいのコントロールは欲しいので12ftはまだ早いのかな、と思い少し短くしてみます。

次に選択したのがティムコのスタンダード9ft5X。

こちらは全くキャストが上手くいきませんでした。。。ティペットを短くしてやっとターンオーバーさせられる感じで、リーダーに張りがないように思えます。

この辺りからリーダーは長さと太さだけではなくバット部分の割合も大事なのかな、と考え始めました。
ティムコのスタンダードはバット部30%となっていますが、VARIVASのスタンダードはバット部40%。
バット部が長いほうがターンオーバーさせやすいのでは?と考えるように。。。

そして最後に使ったのがVARIVASのオールパーパスナイロンの9ft6X。

手元に6Xしかなかったので今まで使用していた5Xではなく6Xにしています。
こちらのリーダーはバット部が50%と長く、使いやすいかも、と選択しましたが、
予想通り狙ったところに投げられるくらいにキャストがしやすかったです。

その後

VARIVASのオールパーパスナイロンが使いやすかったので、これの12ft5Xにしようかな、と思っていたらAmazonで在庫が無く。。。
VARIVASのリーダーがリニューアルされているのでそれに伴ってなくなったのですかね。。。

次点で投げやすかったVARIVASのスタンダードの12ftを選択しようかな、とネットでリーダーを物色しているときに目に止まったのがこちら。

Fujinoのウルトラファストリーダー。

ティムコのスタンダードよりもテーパー部分を長くした感じのリーダーなのですが、気になったのはこの説明文。

バット部の太さを従来より細い0.45mmにし、超低番手ロッドやバンブーロッドにも対応。繊細なロッドの良さを引き出すリーダーです。

バット部の太さが細いので定番手ロッドにも対応?
自分の使っているロッドはスローテーパーで、張りが無くてリーダーの扱いに限界があるのかな、と思っていたのですがこういう対応方法もあるのかと目から鱗でした。

そういえば最後に使ったリーダーは投げやすかったのですが今まで使用していた5Xより細い6Xでした。
ということはバット部がそれなりに長いテーパーの12ft6Xが投げやすく、ドラッグがかかりにくいリーダーなのでは?と思いVARIVASのスタンダード12ft6Xをネットで注文してみました。

届いてから釣行記と共に使用感をまとめてみたいと思います。

まとめ

ネットなどの情報でリーダーを選択しても自分のタックルや投げ方の癖などで最適なものは変わると思います。
日々の釣りの中で、ただ釣果だけを求めるのではなく探求しながら釣りをしてタックルを完璧に近づけるのは楽しいですね。(完璧なタックルは一生かかっても見つけられませんが笑)

リーダーはなんとか光明が見えた感じがしますがティペットは未だ銀鱗のままです笑

こちらもネットで「ティペットはハリス用ラインで十分」という情報を鵜呑みにして使っているだけなのでそのうちちゃんとしたティペットを使ってみて煮詰めていきたいと思います。

バナーをクリックして当ブログの応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 釣りブログへ

フライフィッシング 釣り 雑記
スポンサーリンク
つりんぐらいふ
タイトルとURLをコピーしました