川のスモールマウスバス攻略に!おすすめルアー5選!

スポンサーリンク
バスフィッシング

私のホームフィールドは川で、対象魚はスモールマウスバス(いわゆる川スモール)なのですが、
「スモールマウス ルアー おすすめ」などと検索しても桧原湖や野尻湖などの止水域の情報が多く、
川スモールを対象にした情報はあまり無いように思えます。

そこで、普段私が川スモールを釣る上でタックルボックスに忍ばせているルアーをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コンバットペンシル ジャスティーン

エバーグリーンのペンシルベイトです。
「スモールマウスの激しいアタックにも飛ばされずフックアップできるペンシルベイトが欲しい」
とのリクエストから作成されたルアーですのでスモールマウスに最適です。

ボディサイズが95mmと小柄ですがウェイトが11gあり、さらに3フックです。
ウェイトがあることでスモールマウスのアタックで飛ばされにくく、3フックなので確実にフックアップします。

アクションはとにかく早巻き+ドッグウォークで逃げるベイトフィッシュを演出します。
操作性も良く、早巻きしても川の流れに負けずにアクションできます。

大きいサイズもリリースされているのでベイトサイズに合わせて使い分けましょう。
私は100mm以内のサイズが好きなのでオリジナル派です。

G.C.ワカペン90

こちらもペンシルベイトですが先ほどご紹介したジャスティーンよりも少し小ぶりです。
私は川が増水したらパワーのあるロッド、減水時には柔らかいロッドを選択しますが柔らかいロッドでジャスティーンを投げるのは疲れるのでこちらを投げるようにしています。

また、ジャスティーンはものすごく綺麗で規則正しいドッグウォークが得意ですがこちらのワカペンはイレギュラーアクションです。
内部のウェイトがアクションのたびに前後に移動するので操作しているパニックアクションになります。
このパニックアクションが逃げるベイトフィッシュを演出するのに最適です。

bibibiバグ3.2インチ

私が一番信頼しているワームです。
主に直リグなどでボトムを探る時に使用しますが圧倒的にスモールに強いです。
あまりアクションをつけないようにポーズ長めでしっかりと底を取るように使っています。

パーツがあまり稼働しないためワームが余計なアクションを起こさずナチュラルな餌となります笑
そのためアクションはつけずにズル引きしてポーズが良いかと思います。

C4シュリンプ

主に2.8と3.5インチを使います。
以前はキッカーバグ3.5インチを多用していたのですがフックサイズを下げるようにしてからはこちらかbibibiバグを使用するようにしています。
bibibiバグとの使い分けとしてはアピールの強弱です。
bibibiバグはあまりパーツが稼働しないためアピールが弱めでナチュラルなワームですがC4シュリンプは長い触覚?でそこそこアピール力があります。
キッカーバグなどに比べるとナチュラルな部類ですが、私はアピール力が欲しい時に使用します。
具体的には、「このポイントのどこかにはいると思う。」「少し濁りが入っている。」というような場面ですかね。
それ以上のアピールが欲しい場合はキッカーバグを使いましょう。

スカルピン 3.5インチ

こちらも川攻略には必須のワームですね。
見た目がリアルなので放置でも効果があります。

私がスカルピンを使うのは橋脚など狙うスポットがはっきりしている場面です。
スカルピンは余計なパーツがついていないので水流の影響を受け難く、流れの中でも狙ったスポットに着底させやすいです。
ホッグ系でもシンカーを重くすればフォールスピードを早くできますがスモール相手にラインを太くしたりシンカーを重くするアプローチは悪手だと思っているのでシンカーを変えずにフォールスピードを早くできるスカルピンは川スモール攻略に必須です。

まとめ

いかがだったでしょうか。
私の好みと釣りのスタイルが出過ぎているので偏ってはいますが川スモールに強いルアーであることは間違い無いです。

もっと強い釣りが好きな人はクランクベイト、スピナーベイト、スイムベイト、ビッグベイトなども良いと思います!
あくまでもベイトを意識したルアーセレクトを行うようにしましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

バナーをクリックして当ブログの応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 釣りブログへ

バスフィッシング 釣り
スポンサーリンク
つりんぐらいふ
タイトルとURLをコピーしました