キャスティング練習用&管理釣り場用にEcho Baseを購入しました!

スポンサーリンク
エリアトラウト

暖かい日が続いて、春を感じる今日この頃。
またロッドを購入してしまいましたので記事にまとめたいと思います。

スポンサーリンク

Echo Base

今回購入したのはEchoのBaseシリーズのロッドとリールです。

Baseシリーズは所謂入門機で、フライを始めたばかりの人が手軽な値段でフライフィッシングを楽しむことができるモデルです。

ロッドは#5で9フィート4ピース、中古美品を8千円で購入。
リールも中古で4千円程度で購入できました。

新品ですとロッドが1万2~3千円、リールが6千円弱ですのでそこそこ安くなったかな、という感じ。

入門機ですので上位モデルよりも重かったりするのですが、#5で9フィート、ディスクドラグのタックルを安価で探していたので満足です。

ちなみにこちらはフライラインなどもセットになったキットとしても販売されています。

なぜ#5ロッド?

いくつか考えがあるのですが、そのうちの一つはキャスティング練習です。

以前もキャスティング練習用に#5ロッドを保有していたのですが、キャスティング練習以外に用途がなく、1年の大半をロッドスタンドで過ごしていたので手放してしまいました。

しかし、オフシーズンにはキャスト練習がしたくなりますし、#5ロッドはキャスティング練習するのに最適なんですよね!
そういうわけで改めて#5ロッドが必要になりました。

それと前述の通り、#5ロッドは管理釣り場で使用するのに最適です。
手元に#3ロッドしかありませんので魚のサイズが大きくなると#3ロッドでは対応できず。。。

管理釣り場でフライの練習をするのにも良いですし、湖沼でブラックバスを狙ったりするのにも使えるかな、と考えて#5ロッドを選択しました。

川、湖沼、海とフィールドを選ばずに色々な魚を狙えるのもフライの魅力と思いますので#5ロッドで渓魚以外にもフライで狙ってみたいと思います!

まとめ

またしても購入記事となりました。
そろそろ春ですのでフィールドに出かけて釣行記事を書きたいと思います。

そのためには正確なキャスティング技術が必要ですので、Echo Baseで練習を重ねようと思います笑

購入後のレビュー

購入後にエリア釣行で何度か使用しましたが気になっている部分をいくつか。

まず9ftのレングスは初心者には少し長い感じがしました、、、
エリア釣行であればそこまで遠投せずに釣れることが多いので8ft~8ft6inくらいまでが良いのかな?という感じです。

そして硬さ、、、
那須白河フォレストスプリングスでは#5が心強かったのですが猪苗代フィッシングロッジであれば#4でも良いかな、という感じ。
むしろ#4の方が軽くなりそうなのでキャストに無駄な力が入らないですし、魚が掛かったときに楽しそうです。

ロッドが長く硬いので最初の頃は大アワセでアワセ切れを起こしていました。
この辺りも初心者には注意すべきポイントかもしれません。
思ったよりもフッキングパワーは強いようです。

マイナスな部分を多く書いてしまいましたが、この価格でエリアでの釣りを楽しむことができますし、見様見真似のロールキャストでそこそこの距離を飛ばすことができるので#5の9ftという強みはあるのかな、と思います。

バナーをクリックして当ブログの応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 釣りブログへ

エリアトラウト フライフィッシング 釣り
スポンサーリンク
つりんぐらいふ
タイトルとURLをコピーしました