最適なサングラスは?渓流で使う偏光グラスを考える

スポンサーリンク
フライフィッシング

みなさんは偏光サングラスにこだわりはありますか?
私はあまりこだわりがなく、好きなアングラーが使用していたモデルをとりあえずで使っていました。

ただ、渓流釣りをメインにしようと思い立ってからは渓流用に新調しようかな、とこだわりを持って調べている段階です笑

そこでこれから偏光サングラスを購入したいがどれがいいか分からない、という人に向けて簡単にまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

そもそも必要?

回答としては「あった方が良い」です。
私自身、数年前まで「水中の魚が見えなくても釣りはできるし」という考えで使用していなかったのですが、使用してみると魚を見ること以上のメリットがありました。

まず一番に体感したのは疲労です。
夏場、1日中釣りをしていると直射日光ももちろんですが水面の照り返しもあり、目から疲労が蓄積されます。
これがサングラスをかける事で嘘のように解消されました笑

また、魚以上に水中の障害物を把握できることが役に立ち、「あの場所に木が沈んでいた」などの情報を釣果に繋げることができます。

あとは釣り入門通りに「飛んできたルアーから守る」役割もあります。

以上のことから「できればあった方が良い」ですが、ロッドなど他に購入するものがあるのであれば無理に優先してサングラスを買う必要はないかな、という感じです。

カラー

ブラウン

ブラウンやコパーなどの赤系のレンズは水中の物体の輪郭をはっきりと捉えることができます。
色が濃いほどこの効果は強く、バスのサイトフィッシングや渓流釣りに向いています。

ただ、その分目が疲れやすいことが欠点となります。
私は朝マズメや夕マズメの時間のみなど、短時間の釣行が多いので次に購入するサングラスは赤系にしようかな、と思ってます!

グレー

グレー系のレンズは水中の様子を見るには赤系には劣りますが、水面の反射を防ぐのには最適です。
長時間使用していても疲れないサングラスが欲しい方はグレー系を選択しましょう。

私が現在使用しているのはこちらのグレー系レンズですが十分水中も見られますし1日使用しても疲れないのでオススメです!

前述の通り、私はあまり偏光サングラスにこだわりがなく、とりあえず初心者向けということでグレー系を選択しました。

グリーン、イエロー

緑や黄色系のレンズは光量の少ない時間帯に向いています。
朝マズメや夕マズメだったり曇天や山間部などのローライトコンディションで真価を発揮しますので渓流釣りなどにも最適ですね。
それ以外の場合ですと少し眩しく感じてしまうかもしれませんので別のレンズを選択しましょう。

メーカー

ティムコ

偏光といえばティムコのサイトマスターというくらい有名です。
しかし、価格が高く、有名なので釣り場で結構被ります。。。

ジールオプティクス

こちらも有名メーカーで人気が高いです。
私は次の購入候補にゼクーという偏光サングラスを選択していたのですがジールプロデュースだったようです、知りませんでした笑

スワンズ

リーズナブルなラインナップが多く、スポーツ用途のものも多くあります。
私はスワンズの1万円程度のものを使用しています。

まとめ

偏光サングラスを買おうと思って調べてみると、カラーやおすすめメーカーの情報ばかりで疲れてしまったので簡単なまとめを作成してみました笑
私のようにゆるく偏光サングラスを探している方には役立つと信じています笑

バナーをクリックして当ブログの応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 釣りブログへ

フライフィッシング 渓流ルアー 釣り
スポンサーリンク
つりんぐらいふ
タイトルとURLをコピーしました