フライタイイングを始めよう!必要は道具とは?

スポンサーリンク
フライフィッシング

今年からフライフィッシングを始めたのですが、実はそれよりも前にフライのタイイングを始めていました。

フライフィッシングを始めよう!

フライが必要になるので自作しよう!

という考えでした笑
(もともと釣り具の自作は好きなので)

そこで、これからタイイングを始めようと思っている方に、必要なツール達をご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

バイス

必須です。
フックを固定してタイイングをします。

高価なものですと先端を回転させて色々な角度から確認できたり、ボビンホルダーをかける場所があったりします。

ボビンホルダー

フックにスレッドを巻くためのツールです。
こちらも必須ですね。

1つのフライパターンでスレッドを数種類使う場合もあるので私は複数個持っていますが最初は1つで十分です。

シザース(ハサミ)

スレッドを切ったりマテリアルを切ったり。。。
専用のものでなく、ダイソーの小さいハサミでも十分です。

ハーフヒッチャー

フライの巻き終わりにハーフヒッチで留めるためのツールです。
数回ハーフヒッチしておくと良いと思います。

私は最初ハーフフィッチャーを使っていましたが今はウィップフィニッシャーというものを使っています。

ウィップフィニッシュの方が強度があるのでハーフフィッチャーは途中の仮止めに使う程度です。

ヘッドセメント

ハーフヒッチで留めると強度が心配なのでヘッドセメントで固めると良いでしょう。

ヘアスタッカー

初心者がまずタイイングする「エルクヘアカディス」のエルクヘアの長さを整えるツールです。
エルクヘアは他のフライパターンでも使いますので持っておくと良いですね。

ハックルプライヤー

ハックルを挟んで巻き上げる(ハックリング)ためのツールです。
ハックルも様々なフライパターンで使いますのでハックルプライヤーは必須です。

ブラシ

ダビング材を毛羽立たせるために使うツールです。
最初は無くても困りませんがニンフを巻く時にあると便利です。
私はヘアーズイヤーニンフのために購入しました笑

まとめ

最低限のツールのみを上げたつもりですが意外と多かったですね。

自分で巻いたフライに魚が反応してくれる感動は一度味わうと病みつきになりますのでぜひ体験してほしいものです。

これからタイイングを始める人はぜひ参考にしてみてください。

バナーをクリックして当ブログの応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 釣りブログへ

フライフィッシング 釣り
スポンサーリンク
つりんぐらいふ
タイトルとURLをコピーしました